カテゴリー「笑えない子供のいたずら」の6件の記事

2008年6月 5日 (木)

傷だらけの天使…

 よークン、またやってくれました。最近もうホントに高い所に登るのが大好きで、どんなに注意してもやめてくれなくて困っている。テレビの上に立つし(いまだにうちのテレビはブラウン管、薄型にしたところで倒されるのがオチ、いいわけか?)、棚という棚によじ登ろうとするし、こっちが怖くてたまらん!!

 このごろ、ベランダにある室外機にも登るようになって、ヒヤヒヤしていたのだが、その恐怖が現実のものに…。室外機から落下。しかも、背中から落ちて、コンクリートにしたたか後頭部をぶつけてしまった。サーっと血の気が引く私。でも、こういう思いも回数重ねたせいか、そこまでパニックにはならず、とりあえず落ちた瞬間ギャーっと泣いたので、ヤバい状態ではないだろうと考えた。とりあえず、寝かせて様子を見る。案外、すぐ泣き止んで、でも何となくぐったりしているので、ちょっと心配ではある。たぶん、本人もビックリして放心状態なんだろう。頭打ったときの対処を、本で何度も確認して、あてはまる症状はないので、ひとまず大丈夫かな…。

 こうゆう時、病院連れていくべきか、救急車呼ぶべきか、それともそこまでじゃないのか、ほんと判断に困る。そういう場合に、相談できる緊急の電話相談があるけど、それは夜7時以降しかやってなくて、その時はあと2時間もあるじゃない!って感じで、どうしようもない!病院はもう終わってるし。

 こんな思いしたのは、何度目か…。先月は公園の遊具で歯を打って、ずっと少量だけど血が止まらなくって、ごはん食べると痛いらしく大泣き。次の日歯医者にいったら、「歯がねじれてます。」と言われて「ひょえー?!」だ。要するに、歯が脱臼したような感じらしい。先生が手袋して思いっきり手で元に戻した!!「歯が折れたり、とれちゃったりしたら、水か牛乳につけて持って来て」と教えてくれた。それで、ひっつくらしい。幼児の再生力ってどんだけ…。ありがとう、そんなミニ情報…。

 周りで子どものケガした話はよく聞くが、なんかみんな次男坊なんだよね…。やっぱり、2番目ってそうなのか?動きが荒いというか、元気がいいというか。アニジャはものすごい慎重派なんだけど。だいたい、1年前には救急車に乗ってるし。
 
 とりあえず、大きなケガはしないでくれー、と祈るような気持ち。これが何歳まで続くんだろ…。学校とか行って外に出始めたら、またその心配が増えるのか…。やだなーもう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 7日 (木)

笑えない子供のいたずらシリーズ(番外編)

ある夜、電話好きなアニジャが「ばあちゃんに電話するの〜」と言ってきたので、ダイヤルして相手が出た瞬間にアニジャに受話器を渡しました。

アニジャはいつものように、「アンパンマンがギューッとグルグル回ってバーンとなってよークンがおこったの、そしてレスポールがタクシーになってエアコン!」と支離滅裂なことを一方的に喋ります。
少しして静かになり「おとうさんにかわるね」と言って受話器を俺に渡しました。「もしもし〜」とでると、上品な初老の女性の声で「あの〜、榎田でございますが…」

しまった!間違えてた!

「申し訳ございません、大変失礼をお掛けしました」と平謝りすると、相手の方も「いえいえ、よろしいですのよ〜」と苦笑いでした。

電話に出ていきなり子供が訳のわからん事を喋ったので、相手の方もさぞ驚いた事でしょうね〜。次からはちゃんと相手を確認してからアニジャに替わることにしました。

すまんアニジャ、悪いのはお父さんなのに『笑えない子供のいたずら』に載せてしまって。

(text by ばたー)

今かかっているアルバム↓
BAND WAGON(鈴木茂)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月11日 (金)

笑えない子供のいたずらシリーズ4

あけましておめでとうございます。遅ればせながら今年初めての更新です。
正月は実家に帰っていたもので、ついついサボってしまいました。

年末年始は運賃が高いし、ゆっくりしたいので、子供を連れて正月に帰省するのは今回が初めてでした。姉の家族も帰省していて子供5人、大人5人、総勢10人の大家族!

そこで起こった『笑えない子供のいたずら』の話。

子供たちが集まってWiiをしているのを見ていたら、よークンがニコニコしながら近づいてきて俺の顎を撫でてきました。
「可愛いな〜」と思ってそのまま触られていて、ふとよークンの手を見ると、指にウンチがベットリ着いている!そういえば二日ウンチ出ていないし、さっき神妙な顔して立ちつくしてゲームを見ていると思ったらウンチ中だったのか!しまった油断した。よークンはウンチして気持ち悪いときにオムツの中に手を入れるクセがあったんだった!

3日ほど髭を剃っていない無精ヒゲにウンチがベットリ。だけど、まずはよークンの手を拭いてからオムツ交換。その後にやっとおしりふきでヒゲを拭いたけど、なかなか取れませんでした。トホホ…。

でも、正月早々「運が着いた」という事で縁起がイイや!  か?

新年一発目から汚い話題で失礼しました

(text by ばたー)

 

今かかっているアルバム↓
Speak Like a Child(Herbie Hancock)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月27日 (土)

笑えない子供のいたずらシリーズ3

空港の待合所での出来事。
早めに到着したため、搭乗口近くにある子供を遊ばせるスペースでアニジャとよークンを遊ばせていた。
アニジャは来る子みんなに声をかけて遊んでいて、その中の2歳ぐらいのおとなしい女の子と一緒に遊んでいた時。突然、唇をとがらせてその子の唇にチュウしようとするではないか!
慌てて引き離し、間一髪でよそ様のお嬢さんを傷物にする事を防いだが、すぐ近くにいたその子のお父さんはブスッとした顔で、俺が謝っても無表情なままだった…。

うちも子供が娘だったら笑えないかも…。

将来、高校生になって彼女とか出来たら、もっといろんなことに気を使うんだろうな〜。

(text by ばたー)

今かかっているアルバム↓
家庭教師(岡村靖幸)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月21日 (日)

笑えない子供のいたずらシリーズ2

前回予告したアニジャのいたずらの前科の話

去年のまだ肌寒い4月上旬、よークンはまだ生後2ヶ月。
仕事中に、俺のいる部署に受付から内線がかかってきた。
「奥さんから外線が入っています。」 え?外線電話?なんで携帯じゃないの? と思いながら出ると、ベランダで洗濯物を干していた時、アニジャにサッシの鍵を掛けられてしまって家に入れなくなったらしい。
密室となった家の中には、生後2ヶ月の赤ちゃんと、よちよち歩きの幼児だけ。しかも石油ストーブが着いたまま。

そのとき住んでいたアパートは、ファミリー向けによくある2階建てで真ん中の階段を挟んで左右対象に部屋があるタイプ。そこの2階なのでベランダの手すりから地面まで、ゆうに3メートルはある。出産後2ヶ月の女性には、いや、普通の健康な女性でも飛び降りるのは無理な話である。志穂美悦子や水野裕子なら別だろうが…。

結局おれんじは、ベランダの横にある階段の踊り場にジャンプして他の家に駆け込み、104で会社の電話番号を調べてかけてきたんだけど。実際ベランダから踊り場までは、距離1メートル、落差2メートルぐらい離れてて男でも躊躇してしまうぐらいの距離感だった。ほんとよく飛んだよな、人の親になるってすごい事なんだな、と実感した。

そして電話を受けて約15分後に駆けつけ、家の鍵を開けておれんじと俺が見た光景は、
おとなしく正座してテレビを見ているアニジャの後ろ姿でした…。よークンもぐっすり寝ていました。
ほんーーと、良かった…。無事で…。

結局、着地で踵を強打したおれんじは、その夜救急病院に行くはめになったのだが、おれんじの勇気ある行動には脱帽です。ほんとありがとう…。

最初は面白おかしく書こうと思って書き出したけど、なんか書いているうちに段々笑い事じゃなくなってきて、怖くなってきました。明日から改めて気を付けて行こうと思った次第です。
あまり訪問者のいないブログですが、これを読んだ人の教訓に少しでもなってくれればと思います。

(text by ばたー)

今かかっているアルバム↓
Brain(上原ひろみ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 6日 (土)

笑えない子供のいたずらシリーズ

先日アニジャが、またまたやらかしてくれました。

それは俺がよークンを連れて車に乗ろうとしていた時である。

おれんじが俺に用事があって、玄関から廊下に出て話をしてたほんの30秒程の間に、アニジャが玄関の鍵を内側から閉めてしまったのである。

俺は買い物をしてすぐに帰るつもりだったので、車の鍵しか持ってない。
もちろん、おれんじも玄関のすぐ外に出るだけので鍵は持っていなかった…。

ということは、アニジャが再び内側から鍵を開けてくれるしか家に入る方法は無いのである…。

慌てておれんじと二人で、玄関横の部屋の窓から「玄関の鍵をカチャッとして!」とアニジャに話しかけるが、「にーッ」と愛想笑いをするだけで全く理解する気配が無い…。

他に方法はと考えて隣室のベルを鳴らす。しかし三連休の中日だ、車も無いし在宅しているわけが無い!携帯から管理会社に電話してみるが留守電になっているし…。

再度アニジャを説得にかかる。親二人で三歳前の子供に懇願状態。
が、全くダメ! そのうち「お外でたい〜。」と泣き出す始末。

困り果てて、ダメもとで再度管理会社に電話。
「ガチャッ」、出た! 
「はい、○○土地開発です。」 やった〜!。

事情を話し、すぐに向かう。無事合鍵ゲットー!

本来管理会社は休みだったのだが、ちょっと用事があってさっき来たとこだと言う。
ホント運が良いのやら悪いのやら…。
でも俺の仕事が休みの時で、何より火を使っていない時でよかった〜。

この騒動の犯人のアニジャ。実はこれが初犯ではないのであ〜る。
その話しは次の機会にでも…。

(text by ばたー)

今かかっているアルバム↓
デイ・ドリーム(アン・サリー)


| | コメント (0) | トラックバック (0)