カテゴリー「パソコン・インターネット」の5件の記事

2010年8月 2日 (月)

AirMac Expressの新・発熱対策

最近このブログに訪れる方の検索キーワードが「AirMac Express 発熱」や「AirMac 冷却」などが多くなってきました。
日によっては約半分を占めることも珍しくないです。

AirMac Expressは発売されてから6年以上が経ちますが、マイナーチェンジが一度あっただけで基本構造は一度も変わっていません。なので未だにこの時期になるとユーザーは熱対策に頭を悩ましているようですね。

我が家のAirMac Expressが焦げ臭いにおいを発して故障したのもこの時期でした。

訪れるひとの多くはこの記事AirMac Expressの冷却グッズを読んでくれていますが、我が家のセッティングは今も変わっていません。AirMacは順調に電波を発信し続けています。

冷却パッドの効果もあるでしょうが、一番大事なのは未使用中はマメに電源を切る事だと思います。エアコンのある部屋にAirMacを設置していても、外出時にはエアコンは当然切っているわけで、炎天下の締め切った部屋でAirMacはもの凄い熱を発し続けているわけですから。

そんな我が家でも、休日などは寝ている以外の時間は、長時間電源入れている事が多いのでこの時期はやはり気になります。

そこでひとつアイディアを思いつきました。
それはAirMac Expressのプリンター接続用のUSB端子に、USB扇風機を接続して冷却パッドに風を当てるという事です。

私はUSB扇風機を持っていないし、近所の電気屋にも丁度いい大きさのが無かったので試してはいませんが、検索すると、iPod やiPhoneの充電が出来た(出来ない機種もあるようですが)という話もあります。

ただ、USB扇風機を接続することによって、より発熱量が上がってしまうというデメリットも当然考えられますが、試してみる価値はありそうです。

誰か人柱になってくれないかな〜。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月26日 (水)

AirMac Expressの冷却グッズ

昨年夏に発熱によりAirMac Expressが壊れた記事を書きましたが、今年は去年よりもっと南方に引っ越したので、何か対応策を考えないとまたすぐ壊れてしまうと思っていました。

そこで、定期購読しているMacFunに『冷え冷えアイスパッド』という冷却グッズをAirMac Expressに貼ったら熱暴走しなくなった!という記事があったのを思い出して早速購入。片面に2枚、もう片面に1枚貼ってみました。Sany2517

AirMac Expressは単体でもかなり熱を持ちますが、これを貼ってからパッド部を触るとさらに熱く、1秒も我慢できないぐらいです。マジで目玉焼きが焼けます!それだけ効率的に熱を放出しているという事でしょうが…。

でも、冷房の無い部屋に設置している為、ここまで熱くなると心配です。そこで使わない時には電源を切る事にしました。

どんなに使ったとしても1日の半分ぐらいしか使わないので、モデムとExpressを24時間付けっぱなしにするのは無駄だと常々思ってはいたのですが、同じ電源タップからコードレスフォンに電源供給している事もありコンセントを抜く事が出来ずにいたのです。

Sany2514そこで50cm位の短いスイッチ付き電源コードを買って、それにモデムとAirMac Expressを繋げ、更にアルミの缶の蓋にそれらをまとめてセッティングして、長時間使わない時はスイッチを切るようにしました。

7月末にこのセッティングにしてから、今の所問題なく作動しております。

まだまだ残暑は続きますが、今年の夏はどうにか越えられそうです。

(text by ばたー)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年2月25日 (水)

マウス使用時はトラックパッドを無視?

昨年末にユニボディの新MacBookを買って、そのトラックパッドの素晴らしさに大感動していました。

私にはトラックパッドでのクリックは感覚的に合わないので『タップでクリック』にしていましたが、反応が良すぎるせいか、クリックするつもりが無いのにクリックになったりするのが不満でした。
それに加え、リラックスしてネットをする時には去年買った多機能マウスがある方が何かと便利なので、結局元のマウスに戻しました。

しかし、このMacBookのシステム環境設定には、以前有った『マウスがあるときはトラックパッドを無視する』の項目が無くて、マウスを繋ぐと自動的にトラックパッドが無視されてしまいます。時々トラックパッドで操作したくなる場合に、マウスを抜かないとトラックパッドの操作が出来ないのは不便です。2

iBook G4を使っていた時には、トラックパッドよりマウスを使う方が圧倒的に便利だったので、『マウスがあるときはトラックパッドを無視する』のチェックを外す事は無かったのですが、便利すぎるトラックパッドのおかげで困ってしまいます。
ぜひ次のマイナーマップデート(10.5.7)では復活させて欲しいものです。

(text by ばたー)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 7日 (金)

MacのDockをLock

相変わらずMac好きのアニジャ。
普段はなるべく触らせないようにしているのですが、たまに操作させると、Dockの登録や順番をグチャグチャにしてしまうので困っていました。

すると、今月号のMacPeopleにDockをロックする、その名も『Dock Locker』というフリーウェアが載っていましたので、早速ダウンロードしてみました。

Dock_locker


『Dock Locker』を起動して左側の『Lock Dock 』を押すだけでロック完了!
ロック解除は、起動して右側の『UnLock Dock 』を押すだけと簡単です。
Preferencesから、ロック・解除時にパスワードを設定することも可能です。
単純なソフトですが、我が家のMacにはピッタリのフリーウェアで大満足でした。

(text by ばたー)

今かかっているアルバム↓

PLANT BLEND (ピンク・クラウド)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 2日 (土)

保存版DVD-RAMをどう取り込む?

我が家のビデオレコーダーは東芝のRD-XS36という3年以上前の機種を使っています。
保存版の映像は主にDVD-RAMに入れているのですが、場所も取るので外付けのハードディスクに保管出来ないかな〜と思っていました。

暇な時に調べてみて判ったのは、松下製のDVDドライブならDVD-RAMの読み込みに対応している可能性は有るが、MacのOS自体がDVD-RAMをサポートしていないし、そもそもDVD-RAMに入っているデータはVR形式なのでMacでは読み込めないらしいのです。

いざとなれば、DVD-RAMからRD-XS36のHDDにデータをコピーしてDVD-RにDVD-Video方式で焼いてMacに取り込むことが出来ますが、あまりにも手間がかかりすぎます。いろいろ調べればやりようはあるのでしょうが、先延ばしにしてきました。

しかし先日、書店でMacの専門誌を立ち読みしていたら、まさにこの事が書いてありました。

うちのMacに入れてある『TOAST 8 TITANIUM』を使えばあっさり読み込めるらしいのです。1ページの半分程度の記事でしたので記憶して家で実行してみました。

あっさり『TOAST 8 TITANIUM』にDVD-RAMのデータを読み込め、そこからディスクイメージ作成もできました。ディスクイメージをマウントすると自動的にDVDプレーヤーも立ち上がり再生を始めます。実行していませんが、DVD-Rに焼く事も可能でしょう。

ただ、当初の目的の外付けHDDに保存するには、約50分の映像で1.74GBというのはファイルサイズが大きすぎます。元々それほど良い画質ではない(自分で撮った映像や昔録画したアナログのTV映像)ので、少々画質が落ちてもデータが軽い方が助かります。

なんと素晴らしい事に『TOAST 8 TITANIUM』にはDVD-RAMから読み込んだデータを色んな形式で書き出せるのです。とりあえず今話題の『H.246』で書き出してみました。

ファイルサイズは772.3MBと半分以下になりましたが、問題は変換時間です。なんと約7.5時間もかかってしまいました…。約50分の映像でこれでは話になりません。まあ、マシンが3年前に買った『iBook G4 1.42GHz』なのでしょうがないです。最新のIntel Macか、これでも買えば改善されるのでしょうが…。 それと、チャプターが無くなってしまっていたのでこれも問題です。

結局面倒くさいので、ディスクイメージのまま外付けHDDに保存する事にします。
知識のある方がこの記事を読めば、もっといい方法が有るのにと思われるのかもしれませんが
…。映像はいろいろ種類や形式があって難しいですね。

(text by ばたー)

今かかっているアルバム↓
ナイトフライ(ドナルド・フェイゲン

| | トラックバック (0)