カテゴリー「スポーツ&アウトドア」の2件の記事

2012年1月11日 (水)

リコール品は現行の「iPod nano」なの?

第1世代「iPod nano」交換プログラムで11月中旬に修理に出したiPod nano。年末年始をはさんだため、すっかり忘れていたけど昨日発送メールが来た!

『交換品の iPod nano を 2012-01-08 に送付いたしました。』と書いてあるので、修理品じゃなく現行の「iPod nano」来るかも。ワクワク。

そして、もし新品だったらだけど。『新型nanoはセンサー・アダプターなしの本体のみでNike+が出来るのか?』を試すのだ!
ネットで(もちろんAppleのサイトも)調べても「nanoは何も買い足さずに出来ます!」と明言してなく、奥歯に物がはさまった言い方しかしていないのでずっと気になっていたのだ。

それが本当だと、Nike+用のシューズじゃなくてもよいので、選択肢が無限になる。逆に考えればそれ故に(ナイキ社に配慮して)明記していないのかも。

それでは乞うご期待。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月30日 (土)

コンパスの世界

私には、毎年必ず誕生日プレゼントを贈っている友人がいます。
8月になると「今年はどんなイカしたアイテムを贈ろうかな〜」と考えるのが恒例になっていて、今年は登山好きな彼の為に、本格的なコンパスを贈ってみようと思いつきました。

早速調べてみると、本格的な物(オイルコンパス)は密閉された容器の中に針が仕込まれて、そこにオイルが封入されているそう。そのため針がフラ付かずに安定した状態で方向を指し示すそうです。

いや〜、知りませんでした。昔はあんなに山登りしていたのに、コンパスには興味を持つ事は無かったですから。普通のトレッキングでコンパスが必要となることはまず無いですね。ただ、遠くに見えるあの山は何だろうという時に本格的なコンパスがあれば分かったんだろうと思いました。

定番メーカーとしては、
SILVA(シルバ)スウェーデン
SUUNTO(スント)フィンランド
の2社が有名だそうです。

スントは10年程前からアウトドアウォッチで有名だったので知っていましたが、オイルコンパスの元祖で70年以上の歴史が有るとは知りませんでした。時計のデザインからして、新興メーカーだと思っていました。
シルバというメーカーは今回初めて知りましたが、こちらの方がコンパスの世界では定番みたいですね。

そしてコンパスのタイプも、オリエンテーリング用・測量用・軍用のレンザティックコンパスなど色々あり、深い世界が広がっているようです。

結局プレゼント用には、SILVAのNO27 にしようとほぼ決まったのですが、諸般の事情から変更せざるを得なくなり、HIGHGEAR(ハイギア) のトレイルパイロット2という、オイルコンパスではあるけど方向性のちょっと違う商品になってしまいました。カッコいいのでプレゼントとしては良かったと思います。

プレゼントも無事届いて、喜んでもらえひと安心すると、今度はどうしても自分用のコンパスがどうしても欲しくなって来ました。男子たるもの、地図読み出来るのは基本ですから!
アホですね、最近は登山もしていないのに…。

でも来年引っ越しをするのですが、家探しの時に簡易コンパスをいつも使っているので、「その時いるなー」と自分を納得ささせました!
いま吟味中です。ほんとアホです…。

(text by ばたー)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)