« 石油! | トップページ | 自閉症ってなんだ?-part.1 »

2009年6月26日 (金)

Welcome to new world. -part3

 今の児童デイサービスに通って、4ヶ月が経とうとしている。この通所施設には、自閉症以外にもダウン症や他の障害を持つ子達が通って来る。やっと療育のスタートラインに立てたと、ホッとする一方、最初は建物に入るのも嫌がり泣きわめくよークン。何とかお昼まで頑張って帰って、家でぐったり動けない日々が続く。

 最初のうちは週3回、私も一緒に通っていたが、アニジャの幼稚園が4月いっぱい午前中で終わるので、しばらく一人で通わせることにした。それから1ヶ月してまた一緒に通園し始めたが、以前よりすごく落ちついて園生活に参加できるようになっていた。ギャーギャー泣きわめいていた頃、他のお母さんから「1ヶ月もすれば変わるよー」と励まされたが、本当だった。

 私にとって、ここは親戚以外、知合いのいないこの街へ来て最初につながりのできた場所となった。1ヶ月行かなかったら、たまに行きたいなーと思っている自分がいる。行くとかなりハードで身体はヘトヘトになるけど、すべて優しくを受け入れてくれる先生達と、子供達のイキイキとした姿を見ることで、本当に元気がもらえる。よークンとは別のクラスにダウン症の男の子がいるのだけど、いつもオープンで朝行くと「よっ!」と挨拶してくれる。ある時、たたっとやって来てキュッとハグしてくれた。なんかその時すごく、言葉は無いけど「大丈夫だよ、ここに居ていいんだよ」と言われているような気がした。(私の勝手な解釈)新しい土地へ来て少しは不安はあるものの、忙しくてそれをあまり意識してもなかったが、やっぱり精神的に参ってたのかな…、と思った。その細くて小さな腕でふわっとしたハグなんだけど、すごいエネルギーを感じた。そういう、癒し…みたいな話は、どっちかというとむずがゆくて好きじゃないんだけど、こういうことあるんだなー、と思った。

 ここの園が何でも自分でできるように指導しているのもあるけど、歩くことが困難だったりする子も何だって自分でやってる。障害があるなんて、もちろん意識してはいないのだろうけど、いつも笑顔で楽しそうに遊んでる。そういう所だから、みんな優しくなっちゃうのかな。母子通園して来るお母さん達も、みんな自分の子もよその子も区別せずに接している。お互いにみんな「おはよう!」と声をかけあい、悪いことすれば「ダメだよ!」と注意する。最初は、よークン以外の障害児とは接したことなかったから、ドキドキしたけど、よークンにみんなそういう風に接してくれるので、自然に自分もそうなってしまう。

 自分の子に障害がなかったら、覗くことさえなかった世界。障害者というと何となく敬遠してしまってただろう人たち。そこには、知らなかった新しい世界が広がっていた。まだまだ、これからよークンが成長して行くに従って、その世界は広がって行くのだろう。

 

|

« 石油! | トップページ | 自閉症ってなんだ?-part.1 »

育児」カテゴリの記事

自閉症」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222415/45368300

この記事へのトラックバック一覧です: Welcome to new world. -part3:

« 石油! | トップページ | 自閉症ってなんだ?-part.1 »