« とべ! ちいさいプロペラき | トップページ | 石油! »

2009年6月22日 (月)

キャッチャー・イン・ザ・ライ

 永遠不滅の青春小説、「ライ麦畑でつかまえて 」を久々に読んでみる。もちろん村上訳版、「キャッチャー・イン・ザ・ライ 」。読みたいとずっと思ってたけど、安くbook offに出てから…と我慢してた。高校生の頃読んだけど、そこまで心に残ってなかった。(これを読むきっかけは、もちろん村上春樹 。)しかし、今読んでみると、やっぱりキュンとくるじゃないか!読み進むうちに、何だっけこの感じ…。どこかでこんな男の子に出会ったような…、あっ!小沢健二 クンの歌に出てくる男の子だ!さすが、柴田ゼミ

|

« とべ! ちいさいプロペラき | トップページ | 石油! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222415/45388901

この記事へのトラックバック一覧です: キャッチャー・イン・ザ・ライ:

« とべ! ちいさいプロペラき | トップページ | 石油! »