« 人生の扉 | トップページ | 再会宣言! »

2008年12月 7日 (日)

古いカセットをMacに取り込むために

前回書いた様に来年早々に引っ越しを控えているので、身の回りの要らない物・処分できるもの・オークションに出す物を整理しようと思っています。

ここは良い機会なので、前からやろうと思っていた、カセットテープ・MD・DATのデータ化を実行する事にしました。

悲しい事に、上記のメディアのプレーヤーが全て壊れているので、それを入手するところから始めなくてはなりません。音源をMacに取り込むオーディオインターフェイスも必要です。荷物を増やしている?気もしますが、各種デッキはデータ化が終わったらオークションで処分する予定です。

まずは量が一番少ないカセットテープから始める事に。

オークションを覗いてみると古いデッキを修理して販売している人が結構いて、憧れだった往年の名機がメンテ済みで2万円弱で出品されています。オーディオ全盛時代に思春期を過ごした年代なので少々そそられますが、コストをかけて取り込む程の録音状態ではない(自分のライブやFMからのエアチェックetc)ので、単品デッキの安い物で十分です。するとA&DのGX-Z7000が再生OK録音NGで格安で出品されていたので落札!

オーディオインターフェイスはEDIROL UA-25EXM-AUDIO Fast Track Proで迷ったけど、デジタル入出力が光端子だったのと今年出た新製品だったのでUA-25EXにしました。MDとDATはデジタル接続する予定なのですが、同軸ケーブルを所有していないもので…。

デッキとUA-25EXが届いたらすぐに作業できる様に、Macのハードディスクを整理して準備完了です。

(text by ばたー)

|

« 人生の扉 | トップページ | 再会宣言! »

Macintosh」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222415/43343074

この記事へのトラックバック一覧です: 古いカセットをMacに取り込むために:

« 人生の扉 | トップページ | 再会宣言! »