« アジア最終予選へ向けて〜一番アツかった日〜その2 | トップページ | 子供用マウスを購入することにしました »

2008年9月 6日 (土)

アジア最終予選へ向けて〜一番アツかった日〜その3

試合外時刻が近づくにつれスタジアムのボルテージはどんどん上がって行く。
19時のキックオフ前にカズと城がボールに手を置いて祈りを込めた瞬間、ボルテージは最高潮に。そして最終予選の長く苦しい戦いのホイッスルが鳴った。

前半早々にPKで先制点が入った事もあり、選手の堅さも取れ、次々と追加点を決めて前半を4-Oで折り返す。後半バタバタしたシーンもあったが、カズが4点決めて6-3の圧勝。

帰りの駅までの道のり、サポーターは大盛り上がりで、俺とYも興奮気味でこれからの展開を熱く語り合った。
余談だが、Yはこの三週間後の韓国戦も観戦に行くのだが、あの悪夢のような逆転負けの試合後。駅までの道のりは一面の人の波なのに、話をしている人は全くいなかったそうだ。

どうにか人の波をかき分けて駅にたどり着き、またまた電車を乗り継いで横浜の緑区に住む伯母の家に一泊させてもらう。
次の朝6時起きで羽田に向かい福岡行きの始発便に乗った。Yは休暇を取っていたが、俺は忙しくて休めなかったので空港から職場に直行して10時過ぎには仕事を初めていた。

1日のほとんどを電車に乗っているか、サッカー見ているかだけで過ごすという凄い一日だった。しかも2試合とも濃い内容の試合だったし。この日は俺のサッカー史の中でも忘れられない思い出となった。

これを書くにあたり、色々と調べるうちにあの時の熱い気持ちを思い出し何とも言えない気持ちになってきた。
この試合以降のあまりにも苦しい戦い。選手も大変だったろうけど、俺もYも、いや日本中のサッカーバカが悔しい思いをいっぱいして、最後にジョホールバルで歓喜の瞬間を迎える。その瞬間俺とYは声を上げる事も涙を流す事もなく、なくただ固い握手を交わしただけだった。

明日の明け方に最終予選が始まる。いろいろな事が言われているし、俺もいろんな意見は胸の内にある。だけどもただ純粋に勝利を信じて応援するのみだ。11年前の事を思い出してそう思った。

最後に、このサイトの最終予選観戦記がとても良くて感動しました。宜しければどうぞ。

(text by ばたー)

|

« アジア最終予選へ向けて〜一番アツかった日〜その2 | トップページ | 子供用マウスを購入することにしました »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222415/42392781

この記事へのトラックバック一覧です: アジア最終予選へ向けて〜一番アツかった日〜その3:

« アジア最終予選へ向けて〜一番アツかった日〜その2 | トップページ | 子供用マウスを購入することにしました »