« ルパン三世CDの決定版! | トップページ | 大きくなったらルパン?! »

2008年8月26日 (火)

言葉、出始めました!の、その後…

 2歳3ヶ月で、やっと「ジュース」と、言ってくれたよークン。だけど、この後どんどん言葉が出てくるかと思いきや、やがて「ジュース」も言わなくなり…。アニジャの時の経験から、あふれるように出てくるのでは?と期待したが、なかなか一筋縄ではいかなかった!まだまだ、言葉をため込む日々が続く。

 6月の末に、保健所での発達相談があり、行った。お医者さんとお話をする。チャートのようなものがあって、言葉と身体、社会性について、「こんなことはできますか?」と質問をされる。身体については問題ないが、やはり言葉や社会性が年齢に追いついてない。バランスがとれていないとのこと。でも、まあ2歳だから、本当に個人差があるので、何とも言えないとは言っていた。

 おまけに、まわりに保育士さん(と、思われる)人がたくさんいるのに、関わろうとしていない、とも言われる。よークンは、色んな目新しいおもちゃに夢中で、それどころではない様子だった。私も、なかなか言葉が出て来ないから心配はしていた。でも、まだ2歳だから、遅いだけだと思ってた。本人の力を信じて待つしかないと。でも、やはり1%でも不安は残る。だから、連れて行ったのだ。「個人差があるから」と言いつつも、「びっくりしないでくださいね…」とか「この事はご主人に相談されますか?」とか言われるので、そんなにおおごとなの?とちょっとビビってしまった。

 うちに帰ってしばらくすると、何だかすごく不安におそわれて、自分のせいかもしれないとか考えはじめて、涙がとまらなかった。この頃、よークンのイヤイヤがピークで精神的にすごく疲れていたのに、その上そんな話を聞いて、ちょっと鬱っぽくなってしまった。眠れない日々が続き、疲れがとれなくて、朝起きると毎朝じんましんが出た。

 7月を過ぎると、何だかちょこちょこ言葉がまた出始めた。犬を見て「わんわん」とか、「ちょうちょ」やら、アニジャの名前を言ったり、この頃は一気に2語文っぽいこともしゃべり始め、「パンダコパンダ」の歌まで歌い始めた!絵本を持って来て、指差して「バス」「ふね」などなど…。って、もう2歳半なんだけどね。

 結局、遅いだけ…だったのか。やっぱり個人差ってすごくあるのだ。同じ兄弟でもこうも違う。ましてや、よその子であれば尚更。その子、その子の良さをちゃんと、見てあげなきゃならないのだなー。忘れがちだけど。

|

« ルパン三世CDの決定版! | トップページ | 大きくなったらルパン?! »

育児」カテゴリの記事

自閉症」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222415/42279365

この記事へのトラックバック一覧です: 言葉、出始めました!の、その後…:

« ルパン三世CDの決定版! | トップページ | 大きくなったらルパン?! »