« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月25日 (水)

上へ上へ

来月で2歳5ヶ月になる次男のよークン。ロッククライマーよろしく、どこにでもよじ登るので困っています。ベランダに置いてあるエアコンの室外機(リビング用なので大きい)とブラウン管テレビにには毎日何度もよじ登るし、だっこの時も腰骨やお腹などに足をかけて体をよじ登ろうとするので痛いのです…。

Yokun_criming先週、平和台公園に行ったときも、平和の塔前の芝生に置いてある岩を登り始めました。しかし朝まで降っていた雨で滑るようで、なかなかうまく登れません。失敗しても別のルートからアプローチして何度目かの挑戦で遂に登攀成功!
言葉が出るのが遅く、周りの大人を心配させている子ですが、その時確かに「やった!」と言って手を叩いたような気がします。

こっちも嬉しくなって、抱き上げて岩から下ろそうとすると、汚れた靴でお腹に足を掛けて体を登ろうとしてきました! 痛いわ、服は汚れるはで一気にテンション下がりまくり…。

家の壁にボルダリング用のウォールでも作って発散させてやらないといけないのかな…。

(text by ばたー)

今かかっているアルバム↓
Get in Touch with Yourself(スウィング・アウト・シスター)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月20日 (金)

恐怖…ではなかった!3歳児検診

 先日、アニジャの3歳児検診があった。まずは、朝、尿検査用のオシッコをとる。未だにアニジャはオムツなので、この前、幼稚園の尿検査の時にネットで調べたやり方でとった。それは、ラップの上に脱脂綿をしいて、オムツの中に仕込むのだ。脱脂綿が吸い取ったオシッコを紙コップにしぼって、それを容器にとる。失敗したらどうしようとドキドキしながらも、成功!

 よークンは何度かお世話になっている保育所に預け、2人で保健所へ。受付を済ませ待合室へ。広い部屋におもちゃなどが置いてあり、先に来ている子たちが遊んでいる。アニジャもそこへ入って遊ぶ。私は椅子に座ってそれを眺める。座って見てるだけでいいなんて!そんな時期が来たんだなーと何とも感慨深い。今までは追っかけまわしたり、泣きわめくのをなだめたり、と大変だったのに…。

 目の検査、身体測定、特に異常なし。問診では、積み木を積み上げたり、絵のカードを見せて名前を答えたり、円を見せてどっちが大きいか小さいかなどの質問がある。ときおり、トンチンカンな答えをすることもあったが、おおむね答えられたので、ホッとする。

 何か気になることはあるかと聞かれたので、給食を全く食べないのと、オムツが未だにとれないのだけが気になります!と答えた。とにかく、2歳過ぎた頃からアニジャは、特定のものしか食べなくなっていた。白いご飯しか食べない。お菓子やパンはもちろん食べるけど、おかずは全く食べないのだ。給食もパンと牛乳だけは食べてるようで、その他はダメ。トイレもオムツの中にしかしない。それ以外は、ガマンしたりするので、無理じいできない。

 その後、内科検診で小児科の先生に見てもらって、その件についてお話があった。「とにかくこれは根比べだね」と言われた。「今は、彼がご飯しか食べないって決めてるから、そのうち絶対、皆と同じようにしたいって思うから、待つしかないね」と。「オムツも同じようなこだわりがあるから、それもいつかとれます」と言われた。

 何となく、そうだろうなと思っていたので、そうハッキリ断言してもらえてちょっとスッキリ!色々人に聞いてみたりしたけど、結構、曖昧な答えしか返ってこないのだ。本読んでもこういうケースについてはあまり書かれてないし…。

 結局、尿検査も「オシッコもきれいですね」と言われ、体も何の異常もなく終わる。何だよあんな食生活なのに、何も無し?!と拍子抜けする感じ。「ちゃんと食べなさい!」とか怒ってるのがバカみたいだ。このくらいの年齢だと、まだ何でもいいんだ…。何でも栄養にしてしまうのか?ま、牛乳も飲んでるし、野菜はジュースで採ってるから大丈夫なのか?

 待つしかない。いつか、カチッと何かが彼の中で切り替わるのを。それまでの辛抱だ…。気にしなきゃ何てことないんだけどね。でも、他の子と比べたり、外からの情報とかに惑わされて、そうしなきゃ!と、どうしても思ってしまうことがある。イカン、イカン。気をつけよう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月18日 (水)

アニメ『メジャー』第4シリーズ クライマックスへ

1月から始まった第4シーズンも残すところあと2話。

しかし、今シーズンは自分の中ではイマイチ盛り上がらず、入り込めないままです。
原因を考えてみると、いろいろ『プチ挫折』はあったものの、順調すぎるんですよね〜。3Aで優勝しそうなチームのクローザーってことは、日本に来ても十分通用するレベルなわけで、無名の高卒ルーキーにしては出来すぎです。こうでもしないと寿也くんや眉村などと釣り合わないから仕方ないんでしょうが…。

あと、メンフィスバッツのチームメイト個々のバックグランドがほとんど描かれていないのも入り込めない原因かも。サンダース・キーン・コスプレ好きのオーナー代理ぐらいかな、ちゃんと描かれたのは。これじゃチームへの愛着が湧かないのも当然。日本に残った人達のスピンオフの回が多かったので仕方がないんでしょうが、残念です。

でも、なんだかんだ言っても一度も見逃さず毎週楽しみに見ています。次回のギブソンJr.との最後の対決が楽しみです。そしてギブソン親子は仲直り出来るのか?
ああ、早く土曜にならないかな〜。

(text by ばたー)

今かかっているアルバム↓
Middle Tempo Magic(安藤裕子)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 8日 (日)

「なにもかも二倍」よしもとばなな

 またまた出ましたドットコムシリーズ最新版、「なにもかも二倍」。今回も、盛りだくさんの内容で、子どもの相手の合間に、ちびちびと読む至福の時を味わいました!

 中でも、ものすごーく励みになったのは、チビちゃんが仕事中に「オムツ自分で脱いで、ちゃんと捨てたよ!」とやって来て、「そこまでできるならトイレでしろよ…」と突っ込んでいる場面。う、うちと一緒だ…!うちのアニジャも同じなのだ!!最近ちょっとその事で頭を悩ませていたので、心底ホッとする。しかも年齢もちょうど今のアニジャと同じ頃!そんな事で感動してごめんなさいって感じだが。

 それだけではあんまりだが、やっぱり12月23日の日記。「文句言ってても仕方ないし、だったら産まなきゃ良かっただけで、何回もぐっとこらえて立ち上がるしかない…核家族のママたちはみんなこの気持ちを味わっているだろう。」私も一人になる時間が本当に少ないし、買い物に行け子どもが泣きわめき、イライラして早々に退散するはめになったり。全然気持ちに余裕なくって、ついつい怒鳴りちらしたりの毎日。でも、私も子どもがいて良かったと思う。産まなきゃよかった、とは一度も思ったことがない。 この日の日記は、ホント現在の私の育児に対する気持ちを余すことなく言葉にしてくれてます。読んだあと涙が滲みました。ありがとうばななさん!!だ。

 それと、憧れのアルジェント監督とご対面!!彼の名はよくエッセイに出てくるが、最初私は知らなくて、昔のエッセイに出て来た時、この人誰?外国のなんかアーティスト?って感じで通り過ぎた。でも何年か前、テレビでやってた映画を何気なく見ていたら、ものすごく惹き付けられて最後まで見てしまったことがあった。どうもそれはホラーのようだった。私はホラー映画は大嫌いで(怖いから)、ほとんど見ないのだが、その映画は独特の雰囲気と、何か懐かしさのようなものが漂っていた。で、クレジットを見てびっくり。アルジェントではないか!というか、アルジェント?何か聞いたことある。あ!映画監督だったのか!というわけで、その映画は「サスペリア」でした。その題名も、小学生の頃、はやったような気が。怖くてやだった…。

 その後、妙にホラーが気になり出し、アニジャがお腹のなかにいるのに、「ドーン・オブ・ザ・デッド」とか見に行ってしまいました。めちゃ、おもろかった。ばたーお勧めの「ゾンビ」もDVDで見たし。

 それにしても、ばななさんを形作っている色んな要素が、また小説として形になって、それを読んだ私がその要素の断片をキャッチした…のか?それとも、単に好きなものがひとつ一致しただけ?面白い現象だ。ばななファンが好きな感じが、何だか漂っているんだろうな。(13歳の頃、アルジェント監督の作品を見て救われた…と、書いてあったけど、どんな風に救われたんだろう…、気になる。) 新作、「サウスポイント」もぜひ読みたいな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 7日 (土)

沖縄のソウルフード『にんじんしりしり』

とあるテレビ番組で、道行く人に「あなたのソウルフードは何ですか?」という質問をして、その地方ならではの食べ物を紹介するコーナーがありました。

その中で沖縄出身の若者が『にんじんしりしり』というメニューを紹介していて、それが美味しそうでしたのでネットでレシピを調べて作ってみたところ、とても美味いので最近ハマっています。

Shirishiri『しりしり』というのは『すりすり』という意味らしいのですが、人参を『すりおろす』のではなく『千切り』にして使用します。沖縄には『にんじんしりしり』の専用おろし金があって、それですって千切りにするので『にんじんしりしり』となったそうです。

普通の炒め物では人参を1/3本ぐらいしか使わないですが、これだと2本ぐらいは平気で食べられます。人参の甘みが何とも言えず美味しいです。

人参・玉ねぎ・シーチキンを炒めて、塩・コショウで味を調え、溶き卵を入れて出来上がりです。すり胡麻をかけて食べるとより美味しいですよ。お試しあれ。

(text by ばたー)

今かかっているアルバム↓
Brasileiro(セルジオ・メンデス)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 5日 (木)

傷だらけの天使…

 よークン、またやってくれました。最近もうホントに高い所に登るのが大好きで、どんなに注意してもやめてくれなくて困っている。テレビの上に立つし(いまだにうちのテレビはブラウン管、薄型にしたところで倒されるのがオチ、いいわけか?)、棚という棚によじ登ろうとするし、こっちが怖くてたまらん!!

 このごろ、ベランダにある室外機にも登るようになって、ヒヤヒヤしていたのだが、その恐怖が現実のものに…。室外機から落下。しかも、背中から落ちて、コンクリートにしたたか後頭部をぶつけてしまった。サーっと血の気が引く私。でも、こういう思いも回数重ねたせいか、そこまでパニックにはならず、とりあえず落ちた瞬間ギャーっと泣いたので、ヤバい状態ではないだろうと考えた。とりあえず、寝かせて様子を見る。案外、すぐ泣き止んで、でも何となくぐったりしているので、ちょっと心配ではある。たぶん、本人もビックリして放心状態なんだろう。頭打ったときの対処を、本で何度も確認して、あてはまる症状はないので、ひとまず大丈夫かな…。

 こうゆう時、病院連れていくべきか、救急車呼ぶべきか、それともそこまでじゃないのか、ほんと判断に困る。そういう場合に、相談できる緊急の電話相談があるけど、それは夜7時以降しかやってなくて、その時はあと2時間もあるじゃない!って感じで、どうしようもない!病院はもう終わってるし。

 こんな思いしたのは、何度目か…。先月は公園の遊具で歯を打って、ずっと少量だけど血が止まらなくって、ごはん食べると痛いらしく大泣き。次の日歯医者にいったら、「歯がねじれてます。」と言われて「ひょえー?!」だ。要するに、歯が脱臼したような感じらしい。先生が手袋して思いっきり手で元に戻した!!「歯が折れたり、とれちゃったりしたら、水か牛乳につけて持って来て」と教えてくれた。それで、ひっつくらしい。幼児の再生力ってどんだけ…。ありがとう、そんなミニ情報…。

 周りで子どものケガした話はよく聞くが、なんかみんな次男坊なんだよね…。やっぱり、2番目ってそうなのか?動きが荒いというか、元気がいいというか。アニジャはものすごい慎重派なんだけど。だいたい、1年前には救急車に乗ってるし。
 
 とりあえず、大きなケガはしないでくれー、と祈るような気持ち。これが何歳まで続くんだろ…。学校とか行って外に出始めたら、またその心配が増えるのか…。やだなーもう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 3日 (火)

言葉、出始めました!!

 よークンも2歳3ヶ月。やっと、ポツポツと言葉が出始めた…。テレビを見て、「トトロ…」と言ったのをきっかけに、色々とはっきり言葉として確認できるものが口から出るようになって来た!(かなり、遅いけどね。)その後、公園で暑い日に遊んでいて、なんだかグズリだしたので、「なあに?なあに?」と聞くと「じゅーす!」と言った!これは、ちょっと感動。要求を、ちゃんと口に出して言えたのだ!が、その後、毎回言うわけではなかったけど。

 2歳を過ぎて、我が出て来たので、こうしたい!ああしたい!と思ってるけど言葉がうまく出ないので、ぎゃーぎゃー泣きわめくしかなく、ホトホト私も参っている今日この頃。本人も、すごくイライラするようで、気の毒ではあるが、しょうがないよね…。待つしかない。ほんと待つしかない。この言葉を心の中で、呪文の様に繰り返す毎日である。

 アニジャの方も、幼稚園に行き始めて1ヶ月。おおむね、機嫌良く幼稚園へ行ってはくれる。しかし、一人預かってもらえるから、そうとう楽になるだろうと思いきや…。そう簡単にはいかないもので、オムツは未だとれず、給食は全然食べない。問題だらけなのである。

 おまけに、毎朝よークンを連れて、送って行くのだが、毎日、幼稚園の行き帰り泣きわめいてくれる…。それが、何故なのかわからない。お兄ちゃんと別れるのが嫌なのか?それだと、可愛い話なんだけど。結局、おんぶしないと、歩いてくれないのでそうやって、往復する。おかげで膝が悲鳴をあげる始末。(重いのだ、かなり)

 1歳になったら、楽になる、3歳になったら楽になる、と人は言うが、そんなの嘘だ!!確かにある部分は楽になる。だけど、今度は別の部分が大変になる。平均すると、大変さは何も変わってないじゃん!って話だ。

 でも、可愛いんだけどね。可愛いから、どうしようもないのと、辛いのとがごっちゃになって、わけわかんない。2歳だから、怒ってもわかんない。でも、怒っちゃって、自分で嫌な気分になったり。ホント、どんな修行だよ!!って感じです。でも、いつか「あんなこともあったよねー」と笑って言える時が来る…。なんて気休めなんだよ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月 1日 (日)

ひさびさのウォーキング!

結局、痔は良くなったり悪くなったりで、ウォーキングできないままでしたが、今日久しぶりに歩いてきました。気持ちいい! 
この2週間の間に、朝の気候がずいぶん暖かくなっていて、長袖Tシャツとジャージだと汗ばむ程でした。梅雨入りしてウォーキングできない日も増えてくるけどこれからどんどん歩くぞ!

Nikeところで、アニジャにプレゼントしていた、nike+シューズのセンサー穴に入っていたダミー。いつの間にか『nike+長グツ』になっていました!
でもどうして、靴に付けると分かったんだろう?

(text by ばたー)

今かかっているアルバム↓
hana-uta(ハナレグミ)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »