« 追悼 アーサー・C・クラーク | トップページ | 西都原で菜の花のお花見 »

2008年4月 1日 (火)

ついに、ファイナル・ランウェイへ!

 ついに、オリンパス・ファッションウィークに出場するデザイナーが決定!!しかも、なんと残った4人全員が出場できるというサプライズ!!さすがに最後に残った4人は、個性を持ってて、甲乙つけがたかったみたい。

 パリでのクチュールドレス製作で、ダントツ1位しかも、2審査免除で優賞という快挙をなしとげた、ジェフリー。黄色のチェックのドレスは、文句なしに可愛かった!でかい腹をかかえて、パニックになりながら背水の陣で臨んだブラック&ホワイトのテーマで、まさかの優賞!のローラ。泣きながら、「私もうダメ!」って感じで作業してたもんね。パリでは危うかったけど、ソツなく残って来たマイケル。ワンパターンと酷評され続けたけど、ここへ来て優賞のウーリ。他の人たちは、冒険して自爆した感じだったけど、うまく個性を出しつつワンパターンを打ち破った!

 みんな、がんばったもんね…。毎回そうだけど、自分の個性をつらぬくと、「また同じ!」とけなされ、冒険すれば「わからない!」と審査員たちにつっこまれる。確かに、ローラは毎回深いVネックだし、ウーリはプリントonプリントのマイアミテイスト。何で、また?!と見てるこっちもつっこみたくなる。でも、どうしてもそうなっちゃうんだろうね。30分でデザイン画描いて!とか毎回やってると。ばたーいわく、アダルトビデオ借りに行ったら、あの何百本の中から、何故か前借りたことのあるヤツをまた借りてしまった!という事があるらしいが、なーんか自分の好みってあるんだろうね。確かに、服買う時、よく同じようなの繰り返し買っちゃうことってある。でも結局、見る人のウムを言わせぬ作品を作ればOK!なんだろう。

 さて、ファッションウィークでは、4人とも違ったバリエーションが見せられるのか?単純に見れるコレクションが1つ増えたというだけでも、私たちは楽しみ!誰が最後に優賞するのか?それを予想するのは、難しいところだな…。

|

« 追悼 アーサー・C・クラーク | トップページ | 西都原で菜の花のお花見 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222415/40701957

この記事へのトラックバック一覧です: ついに、ファイナル・ランウェイへ!:

« 追悼 アーサー・C・クラーク | トップページ | 西都原で菜の花のお花見 »