« アニメ『メジャー』第4シリーズ その2 | トップページ | 「リトル・ミス・サンシャイン」 »

2008年3月18日 (火)

「ディパーテッド」

 子どもが生まれてから、どうもバイオレントな映画から遠ざかってしまった。でも、アカデミー賞作品賞、監督賞も取ってるんだから面白いんだろうなー、と思い観てみた「ディパーテッド」。
 面白い…、面白すぎて2時間半一気に観てしまった!(途中、子どもに起こされなかったのもあるけど。)最近、録画して見始めても、面白くないと途中でやめちゃう事が多いのだが、これはそんな事考える間もなく、どうなるの?どうなるの?で、最後まで行ってしまった。
 まさに、あー!映画見たー!って感じ。設定が設定だから、緊張感あって当然だけど、豪華出演陣の演技が抑えられてて、またさらに緊張感が増してる。主演のディカプリオも、ほんとは育ちがいいのに、ワルを演じなきゃいけなくて苦悩する感じがなかなか女心をくすぐります。やっぱり魅力的な俳優さんなんだなー、と再確認。対するマット・デイモンもひょうひょうとした悪役ぶりがディカプリオととても対照的ですごく良い。もちろんジャック・ニコルソンのイカれたボス、おやっさん的マーティン・シーンもすごい。マーク・ウォルバーグもポイント。
 テンポの良さも長さを感じさせない。さすが編集賞受賞。脚色賞も取ってたけど、「リアリティTVか!」というニコルソンのセリフが笑える。70越してるボスなんだけど…。
 スコセッシ監督の作品観たのは、「アビエイター」以来だけど、ちゃんとチェックしよう…。「インファナル・アフェア」も観てみようと思った。たまには、こんなタフな映画もスッとして楽しい!!

|

« アニメ『メジャー』第4シリーズ その2 | トップページ | 「リトル・ミス・サンシャイン」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222415/40477641

この記事へのトラックバック一覧です: 「ディパーテッド」:

« アニメ『メジャー』第4シリーズ その2 | トップページ | 「リトル・ミス・サンシャイン」 »