« MacのDockをLock | トップページ | プロジェクト・ランウェイ3 (加筆修正版) »

2008年3月 8日 (土)

言葉、まだ出ない…。でもだいじょうぶ!

 久しぶりに、保健所の検診後教室に出かける。2ヶ月に一度、言語に詳しい先生が来るので
来ませんか?とお誘いがあったからだ。2歳を過ぎたけど、よークンの言葉の状況はあまり変わっていない。バナナのことは「ば!」で、そこから進化せず…。しかし、言葉以外のことは、グングンできるようになっている。なーんで、それができるのにしゃべらないの!!(笑)と、しょっちゅう私たちからつっこまれている。

 さっそく、個室でおもちゃで遊ばせながら、お話をする。よークンは、ごちょごちょ言いながら、積み木をつんだり、電話のおもちゃでお話するまねをしたり…。言葉にはなってないけど、一生懸命なんかしゃべってる。それを見て先生は、「あ、一生懸命何か伝えようとしてるのね!」と言っていた。その他色々、どんな言葉が出てるかとか、食べ物は何でも食べますか?とか、どんな遊びが好きですか?など質問を受ける。色んなものを食べるというのは、口の周りの筋肉をつくるので、関係があるらしい。それから、手先をよく使うと、脳の言語を司る部分の発達に良いらしい。

 ま、結局言葉が出る出ないは、個人差があるからね、ということに。「これから伸びそうですよ」と言われ、ちょっとほっとする。そんなに深刻にはとらえてなかったけど、遅いと言われていたアニジャよりも更に遅いので、ちょっと心の片隅に不安を感じないでもなかった。それは、親だからしょうがないんだけど。

 言葉についての冊子みたいなものをもらったけど、まあ、わかってるような事しか書かれてなかった。こうすれば、こうなる。こうだから言葉が遅い、なんて事はないわけで。よくテレビばっかり見せてると言葉が遅れるなんていうけど、だからと言って全ての子がそうかというわけではない。うちは結構テレビついてる時間が長いかも。いけないなー、と思いつつも子どもたちの気をそらす手段として使っちゃう。ついてないと、ずっと相手しなくちゃいけなくなって、しんどかったりするのだ。でも、何となく罪悪感もなきにしもあらず…。で、その冊子に書いてあったのだが、「クリティカル・シンキング」という考え方。「そうかもしれないし、そうではないかもしれない」だいたい、いつもそう思うようにしてるんだけど…。焦るときってある。
 だいたい、アニジャなんか固い物なんか一切食べようとしないし、白ご飯しか食べてないのに、一日中しゃべりまくってるよ。ま、気長に待ちましょう。大丈夫。

 言語の先生は、私と年が近くて、同じくらいの子どもがいるということで、母親の気持ちもよくわかってくださって、ホッとする感じだった。そんなに気にはしていなくても、これでまた何か言われたらへこんじゃうなー、と少し不安だったけど、良かった。子どもって心配なことが色々だ。でも、これからも、あるんだろなー…。親ってたいへんだ。

|

« MacのDockをLock | トップページ | プロジェクト・ランウェイ3 (加筆修正版) »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222415/40428704

この記事へのトラックバック一覧です: 言葉、まだ出ない…。でもだいじょうぶ!:

« MacのDockをLock | トップページ | プロジェクト・ランウェイ3 (加筆修正版) »