« 続・『ギター愛』 | トップページ | 笑えない子供のいたずらシリーズ(番外編) »

2008年2月 2日 (土)

保存版DVD-RAMをどう取り込む?

我が家のビデオレコーダーは東芝のRD-XS36という3年以上前の機種を使っています。
保存版の映像は主にDVD-RAMに入れているのですが、場所も取るので外付けのハードディスクに保管出来ないかな〜と思っていました。

暇な時に調べてみて判ったのは、松下製のDVDドライブならDVD-RAMの読み込みに対応している可能性は有るが、MacのOS自体がDVD-RAMをサポートしていないし、そもそもDVD-RAMに入っているデータはVR形式なのでMacでは読み込めないらしいのです。

いざとなれば、DVD-RAMからRD-XS36のHDDにデータをコピーしてDVD-RにDVD-Video方式で焼いてMacに取り込むことが出来ますが、あまりにも手間がかかりすぎます。いろいろ調べればやりようはあるのでしょうが、先延ばしにしてきました。

しかし先日、書店でMacの専門誌を立ち読みしていたら、まさにこの事が書いてありました。

うちのMacに入れてある『TOAST 8 TITANIUM』を使えばあっさり読み込めるらしいのです。1ページの半分程度の記事でしたので記憶して家で実行してみました。

あっさり『TOAST 8 TITANIUM』にDVD-RAMのデータを読み込め、そこからディスクイメージ作成もできました。ディスクイメージをマウントすると自動的にDVDプレーヤーも立ち上がり再生を始めます。実行していませんが、DVD-Rに焼く事も可能でしょう。

ただ、当初の目的の外付けHDDに保存するには、約50分の映像で1.74GBというのはファイルサイズが大きすぎます。元々それほど良い画質ではない(自分で撮った映像や昔録画したアナログのTV映像)ので、少々画質が落ちてもデータが軽い方が助かります。

なんと素晴らしい事に『TOAST 8 TITANIUM』にはDVD-RAMから読み込んだデータを色んな形式で書き出せるのです。とりあえず今話題の『H.246』で書き出してみました。

ファイルサイズは772.3MBと半分以下になりましたが、問題は変換時間です。なんと約7.5時間もかかってしまいました…。約50分の映像でこれでは話になりません。まあ、マシンが3年前に買った『iBook G4 1.42GHz』なのでしょうがないです。最新のIntel Macか、これでも買えば改善されるのでしょうが…。 それと、チャプターが無くなってしまっていたのでこれも問題です。

結局面倒くさいので、ディスクイメージのまま外付けHDDに保存する事にします。
知識のある方がこの記事を読めば、もっといい方法が有るのにと思われるのかもしれませんが
…。映像はいろいろ種類や形式があって難しいですね。

(text by ばたー)

今かかっているアルバム↓
ナイトフライ(ドナルド・フェイゲン

|

« 続・『ギター愛』 | トップページ | 笑えない子供のいたずらシリーズ(番外編) »

Macintosh」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222415/17879689

この記事へのトラックバック一覧です: 保存版DVD-RAMをどう取り込む?:

« 続・『ギター愛』 | トップページ | 笑えない子供のいたずらシリーズ(番外編) »