« 笑えない子供のいたずらシリーズ4 | トップページ | 「マリーアントワネット」 »

2008年1月12日 (土)

始まった!「ランウェイ3」&お正月のTVあれこれ

 やっと、録画しといた「プロジェクト・ランウェイ3」を見る。最初は全米をまわってオーディションが敢行され、そこで何人かに絞られる。おなじみティム・ガンと、前回のファイナリストたちが、審査する。なんだか、選ばれた人たちを見ると、今回は粒ぞろいのような気がしてくる。またもや、キャラ濃い面々。でも、1回目から消えちゃうんだよね…、何人か。来週の予告見ると、全員ボロクソに言われているようですが。さー、戦闘開始です。

 お正月は、帰省していたので帰ってから、HDに録画した番組を一気に見る。「イカ天」の特番なんか見て、なつかしー気分に浸る。今って素人でさえ、洗練されてるのね…。ファッションとかも、今見ると恥ずかしさを感じる。まさに玉石混合だったのね。

 「プロフェッショナル  仕事の流儀」イチロースペシャル。イチローって変だ。毎日、昼飯はカレー。やっぱり、天才は違う。野球には、あんまり興味ないけど、イチローって気になる…。

 BSでは、「ようこそ!“赤毛のアン”の世界へ」を見た。何で今さら、赤毛のアン?と思ったら「原書で読む赤毛のアン」(だったかな?)とかいう番組がNHKで始まるらしく、その前ふりのようだった。「赤毛のアン」は、子供の頃何度も読み返した大好きな本。しかも、茂木健一郎さんが出演するというので、どういうことだろう?脳科学的にアンを解説するのか?と思い見る。が、茂木さんは、かなりの「赤毛のアン」フリークだった!というのにびっくり。これって、今はいいけど若い頃だったら結構勇気のいるカミングアウトでは…。子供の頃は、周りに好きだという事を言えなかったと、本人もおっしゃっていました。しかも、日本には「バターカップス」という伝統ある「赤毛のアン」のファンクラブがあるらしく、そこの会報に20代の頃に寄稿した文章が紹介された。本人は、それが出ると知らなかったらしく、焦ってたみたい…。プリンス・エドワード島には何度も足を運んだらしい。
 でも、アンの世界の前向きさ、どんな小さなことにも感動できる精神、美しいものを感じる心が、茂木さんの著作に通じるものがあるような気がする。素敵だ!
 その他、アンに出てくる料理の再現など、なかなか面白い番組だった。松坂慶子もアンフリークだったとは知らなかった…。

A HAPPY NEW YEAR! (text by おれんじ)

|

« 笑えない子供のいたずらシリーズ4 | トップページ | 「マリーアントワネット」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222415/17653703

この記事へのトラックバック一覧です: 始まった!「ランウェイ3」&お正月のTVあれこれ:

« 笑えない子供のいたずらシリーズ4 | トップページ | 「マリーアントワネット」 »