« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月30日 (火)

学生気分で...。

 近所の大学と、時々利用させてもらってる育児支援のNPOが共同で大学生のベビーシッターを小さい子がいる家庭に派遣するという企画を知り、応募してみた。募集は6家族だったが、どのくらい応募があったか知らないが、当たって、そのオリエンテーションに参加した。(ちなみに、訪問は週1回くらいで、親は絶対一緒にいなきゃならない。子供を預けて外出とかは無し。)
 大学の先生と、NPOの方が進行をして、学生達の自己紹介、私たち訪問される側の紹介があり、どの学生がどの家庭に行くか決める。学生は2人ずつペアで訪問する。自分たちの紹介、どのような家庭に行ってみたいか(子だくさんの家庭がいいとか、女の子のいるところがいいとか)などの希望を出す。家庭の方も色んな家族がいて、一人っ子だから人見知りをなおしたいとか、うちみたいに男の子2人で手におえない、とか応募した動機なんかを話す。
 会議室のようなところで、パイプ椅子に座ってまるくなって話しあったのだけど、そういう場で話すのってあまりにも久しぶりで緊張。ま、一緒に行ったばたーがほとんどしゃべったけど。
 学生達は1〜4年生までいて、男の子も何人かいた。普通に暮らしてたら絶対知り合うこともない年代だよなー。仕事してたら、新入社員とかで、そのくらいの年の子が入って来たりするかな?でも、大学生とは接点ないだろうな。子供が大学生にならないと...。にしても、話を聞いてると若いのに皆しっかりしてるなーと思う。この事業には、訪問される家庭は子供を見てもらってもちろん手助けになるが、学生達は普段無い、小さい子と接する機会ができるのと、未来の親業の体験という目的もある。だから、結婚して親になる、ということに意識があるってことだけでも、すごいなーと思ってしまう。私なんかハタチくらいの時そんなこと考えたこともなかった。子供を産んで育てるなんて、妊娠するまで考えもしてなかった。だから、妊娠、出産、子育てについて全く何も知識を持ち合わせてないことに、愕然とすることになる...。昔は、普通に子育てしてる人が何もしなくても周りにいたんだろうなー(想像だけど)、近所のお姉さんとか、いとこの何々ちゃんとか。今の学生達は、周りにそういうのを見る機会がない。でも、私もそう。いとこ、兄弟ふくめて一番最初に子供を産んだのは私だった。しかも、30歳過ぎて。どうなってんだよ!でも、彼らの方が、真面目にそういうことを考えなきゃ、という危機感を持っているとしたら、喜ばしいことです。
 そんな彼らに見本になるような家庭なのか?うちは。とりあえず、手におえぬあの2人の相手をしてくだされば、それだけでありがたや...。(text by おれんじ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月27日 (土)

笑えない子供のいたずらシリーズ3

空港の待合所での出来事。
早めに到着したため、搭乗口近くにある子供を遊ばせるスペースでアニジャとよークンを遊ばせていた。
アニジャは来る子みんなに声をかけて遊んでいて、その中の2歳ぐらいのおとなしい女の子と一緒に遊んでいた時。突然、唇をとがらせてその子の唇にチュウしようとするではないか!
慌てて引き離し、間一髪でよそ様のお嬢さんを傷物にする事を防いだが、すぐ近くにいたその子のお父さんはブスッとした顔で、俺が謝っても無表情なままだった…。

うちも子供が娘だったら笑えないかも…。

将来、高校生になって彼女とか出来たら、もっといろんなことに気を使うんだろうな〜。

(text by ばたー)

今かかっているアルバム↓
家庭教師(岡村靖幸)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月22日 (月)

「ロック母」角田光代

 久しぶりに、小説を読む。なんで、この人は世の中をこんな見方しかできないのー!!と、叫びたくなる程、たたみかけるように、鬱屈した話しが集めてある。全部、違う時期に書かれたものだから偶然なのかもしれないけど。ちなみに言っておきますが、私は角田光代のファンです。
 にしても、うまい。「ゆうべの神様」から「ロック母」へと、登場人物の抱える鬱屈した思いが、ものすごくリアルに迫ってくる。「ゆうべの神様」は、芥川賞の候補にあがってたけど、自分は賞を取るような作品じゃないと思ってたらしいが、なんの、一見ありがちなストーリーだが夫婦喧嘩の臨場感とか、冷めてるようで案外幼稚さも兼ね備えたマリコの性格なんかが、すごくパワーを感じさせる作品になっていると思う。他の作品も、ストーリーの着地のさせかたが、あいまいで、それがまた、ただの愚痴では終わらせない感じ。そこから希望へと続くのか、絶望なのか...。
 角田さんのファンと、言っときながら、読んだのはたぶん4〜5冊だ。でも、最初に読んだ「菊葉荘の幽霊たち (ハルキ文庫)」で、たちまちファンになってしまった。なんだろう、人と人との交わりがたい微妙なズレみたいなものをを描くのが、すごくうまい。本当にありがちなストーリーで、ありがちな文章のような気がするけど、(何だかほめてんだか、けなしてんだかわからなくなってきたけど、ほめてます)あえて飾ろうとしてないのだろうか、ありがちじゃなく感じる。で、どんどん先が読みたくなる。登場人物たちが、みんなどっか今いる場所に違和感を感じてるみたいなんだけど、身に覚えのある感じだったりする。そう思うのは自分だけ?って気がするのだけど、直木賞もとって、角田さんの作品が売れてるってことは、この感覚に共感してる人の方が主流なのか?
 勝手な妄想だけど、角田さんに対して友達が、頑張ってるみたいな目で見てしまう。それって、作品からジャストな同世代の感覚を感じるからかな?だから何だか、直木賞とった時も、やった!と勝手に嬉しがってしまった...。じゃ、 本買えよ...、って感じだけど。
 この本を読んで、とりあえず、中国には行きたくなくなった...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月21日 (日)

笑えない子供のいたずらシリーズ2

前回予告したアニジャのいたずらの前科の話

去年のまだ肌寒い4月上旬、よークンはまだ生後2ヶ月。
仕事中に、俺のいる部署に受付から内線がかかってきた。
「奥さんから外線が入っています。」 え?外線電話?なんで携帯じゃないの? と思いながら出ると、ベランダで洗濯物を干していた時、アニジャにサッシの鍵を掛けられてしまって家に入れなくなったらしい。
密室となった家の中には、生後2ヶ月の赤ちゃんと、よちよち歩きの幼児だけ。しかも石油ストーブが着いたまま。

そのとき住んでいたアパートは、ファミリー向けによくある2階建てで真ん中の階段を挟んで左右対象に部屋があるタイプ。そこの2階なのでベランダの手すりから地面まで、ゆうに3メートルはある。出産後2ヶ月の女性には、いや、普通の健康な女性でも飛び降りるのは無理な話である。志穂美悦子や水野裕子なら別だろうが…。

結局おれんじは、ベランダの横にある階段の踊り場にジャンプして他の家に駆け込み、104で会社の電話番号を調べてかけてきたんだけど。実際ベランダから踊り場までは、距離1メートル、落差2メートルぐらい離れてて男でも躊躇してしまうぐらいの距離感だった。ほんとよく飛んだよな、人の親になるってすごい事なんだな、と実感した。

そして電話を受けて約15分後に駆けつけ、家の鍵を開けておれんじと俺が見た光景は、
おとなしく正座してテレビを見ているアニジャの後ろ姿でした…。よークンもぐっすり寝ていました。
ほんーーと、良かった…。無事で…。

結局、着地で踵を強打したおれんじは、その夜救急病院に行くはめになったのだが、おれんじの勇気ある行動には脱帽です。ほんとありがとう…。

最初は面白おかしく書こうと思って書き出したけど、なんか書いているうちに段々笑い事じゃなくなってきて、怖くなってきました。明日から改めて気を付けて行こうと思った次第です。
あまり訪問者のいないブログですが、これを読んだ人の教訓に少しでもなってくれればと思います。

(text by ばたー)

今かかっているアルバム↓
Brain(上原ひろみ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月20日 (土)

西都原古墳群に行ってきました

歩き回るのが大好きなアニジャとよークン。そんな彼らを思いっきり歩かせたくて、先週の土曜にドライブも兼ねて西都原に行ってきました。

コスモスはほんのちょっとしか咲いてなかったけど、なんと桜が狂い咲いていました!Saitobarusakura_2
人なつっこいアニジャは、1才半の男の子とそのお母さんに早速話しかけて行って一緒に遊んでいました。そのお母さんは妊娠5ヶ月らしく、「年子って大変そうですねー」ってウチの二人を見て穏やかに言っていたけど。現実はそんな微笑ましいモンじゃない!と一年後ぐらいには実感するんだろうな〜。
そんな会話をしている間も、よークンは相変わらずのマイペース。コスモス畑の周りをズンズン歩き回り続けていました。Saitobaru_oyako_2

お昼はベンチで持参したおにぎりで野外ランチ。食べ終わった頃に4人の子連れ(7才、5才、4才、6ヶ月)の家族がやって来たのでアニジャはまたまた一緒に遊びまくり。お兄ちゃんお姉ちゃん達に可愛がられてとても楽しそうでした。

(text by ばたー)

今かかっているアルバム↓
刹那(小沢健二)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月15日 (月)

戦い終わって...。「プロジェクト ランウェイ2」

 ついに来た!ニューヨークファッションウィーク。と言っても、なんだかもう燃え尽きた感...。ファイナリスト3人が決まるまでが面白かったような気がして。あとは、お祭りさ!
 しかしながら、半年間の準備期間を経て、ニューヨークへ再び戻った3人!!全員、自分の作品に自信満々なんだけど、ティムの評価は...。さらに、直前になって13着目を作る指令が!!3人ともズタボロの精神に鞭打って、最後の1着にとりかかる。さいわい、脱落メンバーの中から1人ずつ助っ人を選べるが間に合うのか?半年の間にティムが3人の家を訪ねるVTRも挿入され、それぞれの過去やファッションウィークへの思いが語られる。一家でベトナムから逃げて来たクロエ、どん底から這い上がったサンティーノなど、また違った面がかいま見れる。

 いつものように、ギリギリまで準備に追われる3人。そして、ショーが始まる。結果は...。最後のジャッジも、いつものスタジオ。「プロジェクト ランウェイ2」から見始めた私は、へ?そうなの?って感じ。あれだけの客の前で披露したのに?で、結果はクロエの優勝に!!サンティーノは、シンプルにいったのが裏目に出て脱落。ダニエルもテーマがいまいち伝わらず優勝を逃す。

 いつもギリギリの緊張感に、いっしょになってドキドキさせられ、色んなキャラがぶつかりあってドラマを展開する「プロジェクト ランウェイ」。途中に入る皆のインタビューも面白くって、よくできた番組だよなー。また、アメリカ独特の、「私はドイツ人だから...」(byハイジ)とか、黒人、アジア系、ゲイなど、それぞれに特有の色んな要素が要所要所で感じられて、へーそうなんだーって感じで面白い。もちろん、吹き替えで見てるから、どこまで理解できるかはわかんないけど。「このイカレポンチ〜!!」(byアンドレ)なんて、どういう英語なんだよ!!

 話はそれるが、この前BS2の「ファッショニスタ」という番組を、何となく見ていた。パリの2007秋冬オートクチュールコレクションの話題で、「ディオール」の60周年記念のショーや、ゴルチエのコレクションをやってたけど、度肝を抜かれる程、素晴らしい!当たり前の話なんだけど、もちろんヨーロッパの超一流のデザイナーが、超一流のスタッフと、やってるんだからね。そんなにファッションに詳しいわけでもない私だが、こういう番組も、今まで何気に見てただけだったけど、「プロジェクト ランウェイ」を真剣に見ていたら、超一流の一流さが、ちょっと見えて来たような気がする!ホント、芸術作品なんだよね、しかもテーマがストレイトにわかるし、その表現の仕方も、メチャメチャ洗練されているのだ。私は、登山が好きなんだけど、一度登山にはまると、今まで気にもしていなかった近場の山や自然達が、どんどん目に飛び込んでくるんだよね。たとえが変かもしれないけど、それと一緒かな?ランウェイよありがとう!!

 そんなわけで、次のシーズンはいつ始まるのかな〜、楽しみ〜。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月13日 (土)

NHK教育のアニメ メジャー

初めに言っておくと、totoの話題でも分るように俺はサッカー好きだ。
各世代の日本代表はもちろんのこと、Jリーグは時間さえあれば見るし、サッカー専用番組も必ず録画してチェックしている。
最近はあまり海外リーグを見なくなったが、かつてはセリエAを見るだけのために'92年からWOWOWに加入している程だ。

そんな俺だが、NHK教育で土曜の18時から放送しているアニメ『メジャー』は去年から欠かさず見ている。(現在は高3の地区予選編の再放送中)

もともとは、連載開始から少年サンデーで読んでいたのだが、そのうち漫画雑誌を読む習慣が無くなってしまい、すっかり忘れていた。
しかし去年、偶然チャンネルを合わせて何となく見ているうちに夫婦でハマってしまった。

このアニメの面白さは、『主人公が目的に向かって行く純粋なひたむきさ』はもちろんのこと、周りの登場人物のきめ細かい設定や主人公との関係付けなど、本当に良く出来ていると思う。スピンオフ作品が何本も作れるぐらい。
そしてなにより、野球というスポーツの特性をよくわかっている試合描写が絶妙だ!

野球が映画や漫画に適しているのは、シチュエーションを固定して、そこにいろいろなエピソードを複数挿入することが出来る時間的な余裕があるスポーツだからだと思っている。それは逆に言えば、思い入れ無くただ競技シーンを見ているだけでは退屈と言う事だが…。

少し話しがそれたが、野球のプレイシーンが非常にリアルに描かれている。
主人公の吾郎の投球フォームとか本当に速い球投げそうな良いフォームをしている。
今年始めにNHKでメイキングみたいなものをやっていたが、昔の野球アニメ見たいなあり得ない描写は極力排除しているらしい。
例えば、バットに当たったボールが弓なりに変形してるとか、ボールが楕円形になって砂ぼこりをあげながら効果音とともにキャッチャーミットに吸い込まれ、そのミットから白煙が上がるとかのマンガ的ギミック は無い。そもそもプレイシーンをスローモーションで描く事さえしていない気がする。
しかし、リアルさだけでは迫力が出ないので、キャッチャーが球を受ける瞬間に少し画面を揺らすとかの細かい工夫で迫力を出しているらしい。まるで、昔の西部劇で拳銃を発射した直後に真っ白な画面を一瞬挿入して、無意識の内に迫力を感じさせるのと同じだ。

そうした工夫をして仕上がったアニメ版『メジャー』は、原作のストーリーを少しコンパクトにまとめてはあるものの、原作の良さを失わずに、とても面白い作品に仕上がっていると思います。興味がわいた人は原作コミック『Major』も是非読んでみて下さい。

(text by ばたー)

今かかっているアルバム↓
MINT JAMS(CASIOPEA)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 9日 (火)

言葉、まだ出ない...。

 1歳半検診ですすめられた、検診事後教室へ子ども達を連れて行く。よークン用と、アニジャ用で別々の日にあったけど、どちらにも連れて来ていいというので、どっちにも3人で行った。最初のよークンの方は、主に音楽にあわせてママと体を使って遊ぶ。落ちつきのないよークンは、あっちウロウロこっちウロウロ。アニジャは結構楽しんでる様子。1時間半くらいぶっ続けで遊んで、こっちがフラフラ。よークンは、途中で眠ってしまった。

 次のアニジャ用の教室は、プレ幼稚園といった感じで、ちゃんとスケジュールが組まれていて最初に今日はこれと、これと、これをします、という説明から始まる。絵本の読み聞かせや、体を動かす遊び、ちょっとした工作のようなのもあって、アニジャも目新しくてすごく楽しそうだった。

 月に1、2回なので、これで何か変化があるかどうかわからないけど、たぶん保健所の方も定期的に様子が見れて、こちらも何かあった時に相談しやすいので、すごく良い機会だと思う。それに、たくさんのスタッフの方が見ていてくれるので、うちみたいに目の離せないのが2人もいると、すごく安心して参加できる。

 ところで、よークンはまだ言葉が出ない...。それらしく聞こえることはあるけど、もう1回って言って聞けるわけじゃなし。アニジャもかなり遅かったけど、少しだけ言葉らしいのがあったから、そんなに心配してなかった。「続 こどもへのまなざし」を読んでいたら、言葉が出ないというのは、自閉症の1つの症状で、そういうのを最初に見つけるのが1歳半検診の時だと書いてあった。それを読んでやっと、だからああやって、専門家に相談できるようにしてあるんだ...、と初めて納得した。何もなければ、なかったでよし、もし何かあれば早めに対応した方がいいということか。そういう風に説明してくれればいいのに。でも、もしそう言われて自分の子が障害があるかも?とよけいに不安に思う人もいるかも知れない。どっちにしろ不安なのだ。むずかしい問題だ。

 とりあえず、言葉出ないほかは別に問題なさそうな気もするので、気長に待つしかない。気になってYahoo!知恵袋を見ていたら、2、3歳まで出なかったけど今は普通です、なんて人がいっぱいいたので、少し安心する。「言葉が出ないんですけど...」っていう質問が結構あって、やっぱり皆な不安だよねぇって思った。たくさんの人がそれに対して長々と答えを書いていてくれて、私も勇気づけられた。うーん、井戸端会議はネットの中に....。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 6日 (土)

笑えない子供のいたずらシリーズ

先日アニジャが、またまたやらかしてくれました。

それは俺がよークンを連れて車に乗ろうとしていた時である。

おれんじが俺に用事があって、玄関から廊下に出て話をしてたほんの30秒程の間に、アニジャが玄関の鍵を内側から閉めてしまったのである。

俺は買い物をしてすぐに帰るつもりだったので、車の鍵しか持ってない。
もちろん、おれんじも玄関のすぐ外に出るだけので鍵は持っていなかった…。

ということは、アニジャが再び内側から鍵を開けてくれるしか家に入る方法は無いのである…。

慌てておれんじと二人で、玄関横の部屋の窓から「玄関の鍵をカチャッとして!」とアニジャに話しかけるが、「にーッ」と愛想笑いをするだけで全く理解する気配が無い…。

他に方法はと考えて隣室のベルを鳴らす。しかし三連休の中日だ、車も無いし在宅しているわけが無い!携帯から管理会社に電話してみるが留守電になっているし…。

再度アニジャを説得にかかる。親二人で三歳前の子供に懇願状態。
が、全くダメ! そのうち「お外でたい〜。」と泣き出す始末。

困り果てて、ダメもとで再度管理会社に電話。
「ガチャッ」、出た! 
「はい、○○土地開発です。」 やった〜!。

事情を話し、すぐに向かう。無事合鍵ゲットー!

本来管理会社は休みだったのだが、ちょっと用事があってさっき来たとこだと言う。
ホント運が良いのやら悪いのやら…。
でも俺の仕事が休みの時で、何より火を使っていない時でよかった〜。

この騒動の犯人のアニジャ。実はこれが初犯ではないのであ〜る。
その話しは次の機会にでも…。

(text by ばたー)

今かかっているアルバム↓
デイ・ドリーム(アン・サリー)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 5日 (金)

いよいよ!ファイナルランウェイに突入!

 ついに、ファッションウィークでコレクションを開く3人が決まった!4人の中で誰が落ちるのか!何となく予想はしてたものの、以外に混戦模様のプロジェクト ランウェイ2。
 イブニングドレスを創るんだけど、これがファッションウィークのコレクションの方向性を表すような作品にしなければならない。相変わらず、自信満々のサンティーノに、「お前ら完全に守りに入ってる!」と悪態をつかれて怒りの3人だけど、結構的を射たつっこみだったというのがランウェイでわかる。本命のクロエは、緊張の連続に精神力が途切れだしたのか、「勝ちたいのかどうかわからない...」の弱気な発言。それがドレスにも表れ、酷評の嵐。結局、4人とも、ケチョンケチョンにけなされて落ち込みつつも、サンティーノ、ダニエル、ギリギリのラインでクロエが最後に残る。

 次の回は、今まで落ちた出場者と、残った3人が勢揃いでフリートーク!あー!あんな人いたねーと、懐かしさいっぱいで、まるで同窓会。中でも、サンティーノ語録が面白い。ほとんど全員に、嫌われ非難ごうごうだけど、私は以外と言ってる事間違ってないような気がするんだけど...。「ダイアナのキーキー声がうるさい!」とか。でも、ファッションウィークの主催者に会いに行って、どんな人が成功するか?という質問をしたら、「皆と仲良く出来る人」と、ズバリ言われてダニエルが思わずサンティーノの顔を見たのがおかしかった。人を蹴落としてものし上がるような人は、共同作業なのだからダメ!というわけだ。

 強気、強気で押し通して来たサンティーノと、学校出たての天才?ダニエル、クールなビジネスマン、クロエ。この3人がどう争うのか?楽しみ〜!!週をおうごとに、ふくらんでたハイジの腹が、いつの間にかしぼんでいた...。生まれたんだ!(text by おれんじ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »